部屋の雰囲気を変えよう

>

収納スペースを増やす工夫

室内を綺麗に見せよう

収納スペースがないからと床に物を置いたままだと、部屋が汚く見えてしまいます。
きちんと、収納できる場所を用意してください。
ないなら、作るのが良い方法です。
棚は簡単に作れるので、レイアウト工事を行ってみましょう。
用意するものは工具と、板と壁に取り付けるための部品です。
全てホームセンターで揃うので、必要最低限の工具は買っておくことをおすすめします。

すると棚以外にも何かを作りたくなった時に、すぐ作業に入れるでしょう。
最初は、設計図を書いてください。
具体的に棚のサイズを決めていないと、どのくらいの大きさの板を買えば良いのかわかりません。
ちょうど良い板が売っていなかった場合は、少し大きい板を買って切りましょう。

突っ張り棒を用意する

壁に部品を取り付ける際は、穴を開けます。
ですが賃貸で暮らしている人は、勝手に壁に穴を開けることはできません。
壁を傷つけたと思われるので、退去する際に修理費を請求されてしまいます。
ですから壁を傷つけない方法で、棚を作ってください。
最も簡単な方法は、突っ張り棒を2本用意することです。

それを壁と壁の間に挟めて、上に板を乗せましょう。
すると、あっという間に棚が完成します。
ですがこの方法で作った棚は、それほど耐久性がありません。
重いものや、大量に小物を乗せることは控えてください。
トイレなどの狭いスペースに収納スペースを増やしたい時も、この方法がおすすめです。
棚を作って、トイレットペーパーや消臭剤を綺麗に置きましょう。


この記事をシェアする